予算が無い場合

結婚指輪結婚指輪を購入したいと思っても中には購入費用が捻出できなかったり予算をオーバーしてしまったりするということもあります。もちろん予算は重要ですし身の丈に合わないような芸能人が購入するような指輪をほしいといった場合には予算を超えるからあきらめるべきとなることもあります。しかし、あきらめる前に本当にあきらめるべきなのかということをもう一度よく二人で話し合うようにしましょう。

結婚指輪というのは一生に一度しか購入しないものです。だからこそ、中にはこだわってどうしても欲しい指輪を購入するために貯金をして購入額が貯まったら購入しようと考える人もいます。やはり予算を原因に妥協をして購入しても、後から別のものに買い替えることができないですし、気に入っていないものを一生身につけるというのはつらいことです。しかし、結婚してから指輪を購入するというのは結婚指輪の趣旨とも違ってきますし、結婚後もいろいろとお金がかかることを考えていくと非現実的です。そこで、結婚にあたりかかるほかの費用と照らし合わせ削れる部分を削って指輪が購入できないのかということをしっかりと考えてみましょう。

中には同じような指輪でも宝石商から購入したりオーダーメイドで作ったりした方が安くなるケースもあります。予算のシミュレーションと合わせて購入先についても検討してみると選択肢を広げられることもあるのです。

≪参考情報≫ガラ おかちまち

Pocket

男女での金額

結婚指輪結婚指輪というのは男女同じものを身につけるものだと思われていますが、必ずしもそうとは限りません。ブランドによっては男女で少しデザインの違うものを取り扱っているということもあります。男性はシンプルなものや指輪が太めのもののほうが指に似合いますが女性は細めで細工がしているもののほうが似合うということもあります。好みも男性はシンプルなものを好みがちですが、女性は少し細工があるものや石が埋め込まれているもののほうが好みということが多いです。

こういったことから男女で指輪の代金が全く同じかというと意外とそうではないケースがあります。男性の指輪のほうが太くて大きいため素材が多く必要で価格が高くなるということもあれば、女性のほうは石が埋め込まれていたり細工がされていたりするために書こう費用がかかり高くなるということもあるのです。そのため、指輪を探すにあたっては男女ともに10万円から20万円の範囲内であるということが多いものの、厳密な価格については男女で差が生じることもあります。それどころか最近ではそれぞれが希望するものをということでペアではないものを購入するという人もいます。万が一指輪を探すにあたって価格が違うということが起きても、そういったことは起こりうることであると理解しておきましょう。

Pocket

結婚指輪の相場

デザイン結婚指輪を購入するにあたって、相場としては男女ともに10万円から20万円のものを購入する傾向にあります。もちろん、この価格の範囲のものを購入している人が最も多いですが、中には100万円以上のものを購入しているという人もいますし、10万円以下のものを購入しているという人もいます。しかし、指輪の購入をした人たちの40パーセントほどが10万円から20万円のものを購入しているため、最近では指輪の製造メーカーや取り扱いをしているブランドもこの価格帯の商品を多く作っています。

また、結婚指輪を選ぶ際の基準として多くの人がもっとも重要視しているのはデザインです。価格も重要な要素なのですが、やはり長く使い続けること、男女ともに使い続けることを考えると男女どちらの指にも似合うデザインであること、年を重ねても指につけていられるもの、といったことを選ぶ際に重要視することが多いです。

このようにデザインを重要視する人が多いのは先に価格を確認しなくても多くの指輪が相場の範囲で作られていることが多いということも理由としてあります。そのため10万円から20万円の指輪で検討しているという人ならば、ブランドショップで指輪を探してもデザインから指輪を決めても予算の範囲内で購入できるということも多いです。

Pocket

ブライダルリングの購入

ブライダルリングは一般的には結婚指輪のことを意味しています。結婚指輪というのは結婚した二人が結婚の証明として左手の薬指にはめている指輪のことです。結婚指輪の歴史はとても長く、古代エジプトの時代から身につけられていたのではないかと言われています。結婚式の儀式として定着したのはそこからさらに時間が経過して11世紀ごろと言われています。

結婚指輪結婚指輪の円形も意味のあるものです。この円い形は永遠の象徴であり、婚約指輪で永遠の愛を約束して結婚指輪は二人の永遠のきずなを表現しているのです。薬指を選ぶのにも意味があり、これは古代エジプトからの言い伝えで左の薬指が心臓に直接つながる欠陥があるとされていたことに由来しています。このように結婚指輪というのは結婚の証明であり、二人にとって永遠のきずなを誓い合う大切なものでもあるのです。

一生に一度購入するものですし、ずっとつけ続けることが基本となるため、指輪のデザインや品質といったものにはいろいろとこだわりたいものです。とはいえ、婚約指輪は一般的なファッションリングよりも高額でありさらに二人分購入すること、指輪の購入以外にも結婚式の費用や新生活費用のことを考えるとほしいと思ったものをなんでも購入することができるわけではありません。価格がすべてではないですが、ある程度の品質を維持するためには価格も検討すべきことです。そこで自分たちの希望と予算との兼ね合いを考えて理想に最も近いものを選ぶことが重要となるのです。

Pocket